学校紹介

教育理念

学校長あいさつ

愛生会看護専門学校は昭和62年に開設以来700名以上の卒業生を輩出し、卒業生は多くの医療の現場で活躍しています。
日本の社会は高齢化が進み、医療や福祉の分野では看護師の役割がますます重要になってきています。
医療の技術は高度化複雑化しており医療スタッフの知識や技術も膨大なものとなっています。一方で患者さんの人生観や生活様式も多様になっています。
当校では医療・看護の専門知識を修得するとともに、誠実で他を思いやる心をもつ、豊かな人間性のある看護師を育成していきたいと考えています。
そんな看護師にあこがれる皆さんは是非当校で一緒に学んでいただきたいと思います。
教員・在校生こころよりお待ちしています。

校長 小澤正敏

教育理念

看護は人間と生命の尊厳を守り、個人を尊重し、健康な生活が営めるよう支援していく専門的役割をもつ。
看護師の資質には探究心を高め、自己研鑽を積むことができ、誠実で思いやる心をもつ、豊かな人間性が求められる。

本校では社会に貢献できる専門職業人としての基礎的能力を育成する。

教育目的

本校は、看護師に求められる専門性、自律性、倫理性、判断力、実践力、調整能力を身につけるための基本的知識・技術・態度を教授し、併せて社会人としての教養を高め、地域に貢献できる人材を育成する。

教育目標
1
人間および生命の尊厳を守り、個人とその権利を尊重する基本的姿勢を養う。
2
人間を身体的・精神的・社会的・spiritual(霊的)に統合され、多様な価値観をもち、生活を営む存在として、幅広く理解する能力を養う。
3
自然・社会・文化的環境と相互に作用しあう人間の健康と生活を理解する能力を養う。
4
その人らしい生活を営めるようあらゆる健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
5
よりよい人間関係を築くために必要な基礎的知識・技術・態度を養う。
6
保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるよう、それらを調整するための基礎的能力を養う。
7
広く社会に目を向け、良識的行動がとれる態度を養う。
8
主体的に学び続ける能力を養う。

看護への熱い思い

とある1年生の実習での出来事です。初めての受け持ち患者さんに、リハビリテーションの見学を申し入れたら「嫌だからやめてください。」と拒絶されました。学生は『私は何もできない』と患者さんに近づけないことを悩んでいました。ところがある日、学生と患者さんの2人が病室で泣いていました。理由を尋ねると、患者さんの“死にたい”という気持ちを黙って聴くうちに、その心の闇を我がことのように感じ、おもわず涙を溢してしまった。それを見て患者さんも涙を流したということでした。知識も技術も未熟な1年生でしたが、確かに患者さんの心を動かしたのです。そして、学生はひとつの壁を乗り越え、新たに看護の道を進む覚悟を決めたのです。
看護は人の命、人の人生に関わる仕事だからこそ、その責任は重大です。だからこそ、自分を磨き、日々の学びを積み重ね、みなさんの小さな看護の芽を大切に育ててほしいと願っています。

ページトップへ戻る