2023/01/16 「病気を予防するための身体活動」スタート

新カリキュラムの授業、「病気を予防するための身体活動」が始まりました。


1回目の授業について、学生の感想です。


「普段動かさない筋肉を使う、あるいはほぐすことで、病気の予防につながると学ぶことができました。ただ、動かすだけではなく、楽しい音楽と共に運動できたので、意欲的に取り組むこともできました!」


座学による知識の向上だけでなく、身体が動かせる楽しさ、気持ち良さも感じることができたようです。


生活習慣の見直しや、運動療法などの指導は、看護師の力の見せどころでもあります。授業で学んだ方法は、ぜひ患者さんに還元していきましょう。



1.png


2022/11/30 36回生 宣誓式

11月11日、宣誓式が行われました。


新型コロナウイルス対策のため、時間の短縮、参加人数の制限はありましたが、2年生の先輩や1年生の保護者、来賓の方々を招き、3年ぶりにキャンドルを灯して開催できました。


36回生40名が1人ずつ副校長からキャンドルをいただき、(感染対策のためLEDでした)看護を志す者として看護への責任と誇りを自覚し、看護師になる誓いをしました。


最後にクラス全体で、「同じ志を持つ仲間とどんな時も助け合い、日々積極的に技術や知識を学び、倫理観を養い、看護師という夢に向かって努力し続けること」を誓っています。


2年生の先輩からも「患者のことで後悔しないよう、今日できることは明日に伸ばさない」とメッセージもいただき、受け持ち患者さんや実習病院の方々、先輩や家族、友人への感謝の気持ちが新たになり、これからの本格的な臨地実習に向けて、身と心を引き締める貴重な経験になりました。ありがとうございました。


36回生一同


DSC01851 (1).JPGDSC01855 (1).JPG

2022/11/17 11月12日オープンキャンパス

11/12、オープンキャンパスを開催しました。


副校長による学校概要の説明ののち、模擬授業「ベッドメーキング体験」を行っています。


当日ボランティアで参加してくれた36回生1年生9名によるベッドメーキングをみてもらい、その後参加者と1年生で実践しました。


参加者も1年生も緊張していましたが、一緒にベッドメーキングの実践や、iPadでテキストや動画をみるうちに、お互い笑顔が見られ、熱心に教え・教わる姿が見られました。


その後の相談会でも、参加者と1年生の間で、学生生活についてたくさん質問のやり取りもできたようです。


看護師になるためには、いろんな勉強が必要で、苦労は多いです。しかし、愛生会の学生達はそれでも自分の夢を叶えるために仲間と頑張っています。


受験生の皆さん、ぜひ一緒に先輩たちと学び合いませんか?お待ちしています。


DSC01865.JPGDSC01888.JPGDSC01919.JPGDSC01960.JPG

2022/11/17 愛知県名古屋飛行場消火救難総合訓練(教科外活動)に参加しました

10/27県営名古屋空港で行われた消火救難総合訓練に、36回生1年生21名が参加しました。


過去に起きた航空機事故の教訓が活かされるよう、飛行場内外の関係機関が相互に連携して行われる、大がかりな訓練です。


愛生会の看護学生21名は、それぞれ軽症から重症の傷病者を演じ、初めてトリアージを体験しました。1年生なのでまだ災害看護は学べていませんが、非常時に対応する警察官、自衛官、消防隊、DMAT、関係の医療機関、空港事務所の職員の連携する姿やトリアージの実際を知ることができ、トリアージタッグの意味も理解できたようです。


それだけでなく、傷病者に関わる職員たちの温かい声かけ、優しさを体感し、声かけ1つとっても、大変な状況でもとてもありがたいものだと感じられたようです。


災害はいつ起こるかわかりません。だからこそ、一人でも多くの命を助けられるよう、知識や技術だけでなく、相手を思いやる優しさも大事に育て、地域で貢献できる看護師になってほしいと思います。


DSC01692.JPGDSC01682.JPGDSC01668.JPGDSC01666.JPG








2022/10/19 10月16日きたきたフェスタに参加しました

晴天の日、名古屋市北区の『きたきたフェスタ』に1年生が社会医療法人愛生会のボランティアとして活動しました。骨粗鬆症の問診、検査の説明など実習で学んだコミュニケーション技術を活用して地域の人々とか変わってきました。愛生会が地域に根差した病院であることを実感し、地域の方の健康を守るために病院以外でも活躍していることを学べた時間でした。


IMG_0094.JPGIMG_0064.JPGDSC01587.JPG

2022/10/13 シミュレーション学習を行いました

2年生は、今月の下旬から臨地実習が始まります。


臨地実習は、患者一人ひとりの健康への支援を行いますが、そのためには、今まで学習してきた知識と技術を活用することが必要です。


より、実践的な能力を養うための、効果的な学習方法がシミュレーション学習です。


模擬患者の状態変化に気づき、考え、行動する、という一連の流れを、ハイブリッドシミュレータ"SCENARIO"を用いて、実践能力を向上させていきます。


学生たちは、緊張しながらも学習成果を発揮できるように、一生懸命取り組んでいました。


そして、実践していく過程で、自己の課題も明確となったようです。


臨地実習までに、課題を克服できるように取り組んでいきましょう!


臨床1-1.png


臨床2-1.png


臨床3-1.png

2022/10/03 マイスター制度について

当校では「ベッドメーキング」や「バイタルサイン測定」など、看護技術で素晴らしい技術を披露してくれた学生には『マイスター』の称号を授与しています。



『マイスター』とは巨匠、名人の意味があります。



授業後の限られた時間を有効に使って練習を繰り返したり、マイスターの称号を持っている先輩から教えてもらったりして、自分の技術を磨いていきます。



技術とともに心ものせて、患者さんにとって良い援助ができるよう頑張っていきましょう。



DSC01478.JPGDSC01402.JPG

2022/09/26 ボランティアに参加してきました

8月の終わりに、法人内施設である愛生複合型サービスセンター平安通(看護小規模多機能型居宅介護)の夏祭りにボランティアとして学生3名が参加しました。
色とりどりのはっぴを着てお祭り気分を盛り上げ、ヨーヨー釣りや輪投げなどの出店のお手伝いを通して、施設の利用者さんやご近所の方々とふれあいました。


参加した学生の声
「施設の利用者さんや子供たちと一緒にお話ししたりヨーヨー釣りをできてすごく楽しかったです!とても貴重な経験ができました。ありがとうございました。楽しいイベントがあると利用者さんとの関係を深めることができ嬉しいなと思いました」「お客さんにたくさん喜んでもらえて良かったです。楽しかったです」「初めての施設でのボランティアで人数も少なく心細かったけど、入ってすぐに施設の方からたくさん声をかけてくださり、リラックスでき、イベントも楽しみながら参加することができました。小さな子から高齢の方までみんなでゲームしてお話しする時間が楽しかったです。ありがとうございました。」


地域の方々が健康な生活を営めるように今後も看護学生として地域に貢献していきましょう。IMG_7485.jpg

2022/08/29 第2回オープンキャンパス(8/26)

8月26日(金)の午後、オープンキャンパスが開催されました。
コロナ禍、第7波の中ということもあり、
感染対策をとりつつ、学校概要の説明と模擬授業を行いました。
模擬授業は、「生命(いのち)のはじまりを感じてみよう」というテーマでした。
母性看護学担当の教員が、模型や動画を使いながら、お産のしくみやお産の時の看護師の役割について、授業を進めました。参加者の皆さんは、狭い骨盤から、赤ちゃんが回旋してくる様子を興味深そうに見ていました。
在校生との相談会では、入試のためにどのような勉強をしたか、校則や学生生活、学習・実習の状況について質問があり、リアルな看護学生の日常を聞くことができたようです。
多様な経験のある教員が、できるだけ皆さんが学びやすいような授業を日々工夫しています。
受験生の皆さん、この学校で共に学ぶことができる日をお待ちしています。
DSC01424.JPGDSC01437.JPGのサムネイル画像DSC01441.JPGのサムネイル画像DSC01445.JPGのサムネイル画像




2022/06/23 基礎看護技術の授業が始まりました!

基礎看護技術の基本となる、「動く、調節するを支える看護技術」が始まりました。「いのちを支えるからだのしくみⅠ」で、神経系や骨格系、内分泌などの学習を終え、その知識を基に技術も身につけていきます。


まずは、入院患者の生活の場である、ベッド周囲の環境整備の技術を体験しました。座学が続いていたので、「看護学生らしいことができた」と、学生たちは新しい技術に戸惑いながらも、嬉しそうに取り組んでいました。


学生から、「看護技術の授業で新しいユニフォームを着て、改めて看護師になりたいという思いが強まりました。演習や授業で学んだことを生かせるように学習していきたいです。」との決意が届いています。気持ちも新たに、一歩ずつ進んでいきましょう。


DSC01083.JPG

月別記事
ページトップへ戻る